石井和徳氏
石井和徳氏
[画像のクリックで拡大表示]
ヒロセ電機が、会場そばのホテルの一室で展示したix Industrialコネクター
ヒロセ電機が、会場そばのホテルの一室で展示したix Industrialコネクター
[画像のクリックで拡大表示]

 日本の部品メーカーの中でも、高収益企業として知られるヒロセ電機。2015年度(2015年4月~2016年3月)の連結売上高は1202億8400万円で、営業利益は287億9400万円と、営業利益率は約24%と高い。そんな同社は、産業用エレクトロニクスの国際展示会「electronica 2016」(ドイツ・ミュンヘンで2016年11月8日~11日に開催)に合わせて、ドイツHARTING社と共同で開発した産業用Ethernet向け小型コネクター「ix Industrial」を披露 (関連記事)。HARTING社ブースで開催された報道機関向け発表会には、ヒロセ電機 代表取締役社長の石井和徳氏が登壇し、新コネクターに対する期待を述べた。発表会を終えた石井氏が、今後の事業戦略を語った。

 これまで我々は、Micro USBコネクターを始め、民生機器分野で強みを発揮してきた。民生機器市場の牽引役だったスマートフォンの成長が鈍ってきた中で、次の成長エンジンと考えているのが、産業機器・自動車分野だ。

 民生機器と産業機器・自動車分野の製品ライフサイクルは大きく異なる。民生機器は1〜2年だが、産業・車載機器は3〜5年である。なお、HARTING社と共同で開発したix Industrialは、約3年前から仕込んだものだ。

 IoTが本格的に普及すると、「つなぐ」ビジネスが大きく成長する。つまり、コネクター事業は今後も伸びる事業である。ただし、これまでのようなコネクター単品を販売する形態ではなく、他の技術や部品と組み合わせた「ソリューション化」が不可欠になる。とはいえ、すべてを自前で行うのは現実的ではない。ixの共同開発は同業の企業と行ったが、今後は異分野の企業との関係を強化していく。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら