electronica 2016の展示場案内
electronica 2016の展示場案内
[画像のクリックで拡大表示]

 産業用エレクトロニクスの国際展示会「electronica 2016」(ドイツ・ミュンヘンで2016年11月8日~11日に開催)の会場は、およそ13ホールある。このうちの1つ、「C4」ホールには、EMSや部品実装サービス、プリント配線基板や実装機などを手掛けるメーカーが集まっている。その出展社の多くが、中国や韓国、台湾といったアジア企業を中心にした海外企業だ。その中で気を吐いていた日本企業が、EMSで国内最大手のシークスである。

製造した車載機器の事例
製造した車載機器の事例
[画像のクリックで拡大表示]
製造した産業機器など。左側はインバーター、中央は高速スキャナー、右側は電動歯ブラシ
製造した産業機器など。左側はインバーター、中央は高速スキャナー、右側は電動歯ブラシ
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はもともと、部品商社としてスタートした。部品だけでなく、部品を基板に実装した状態(以下、実装基板)での出荷を顧客から求められるようになり、そこからEMS事業に乗り出した(関連記事)。シークスの2015年12月期通期(同年1月~12月)の連結売上高は約2350億円である。

 ブースでは、シークスがこれまで請け負ってきた製品を展示していた。同社が成長を見込んでいるのが車載機器市場である。アプリケーション別の売上高でみると、「車載関連機器」事業が最も多く、2015年12月期通期で約985億円と全体の4割以上を占める。2016年12月期は1000億円を超えると予測する。車載機器の中でも、最近はLEDヘッドランプの引き合いが増えているという。ブースでも展示していた。

 売上高は車載機器ほどではないが、今後も安定的な成長を見込めるのが産業機器である。同機器事業の2015年12月期通期の売上高は約358億円。2016年12月期は391億円に達すると見込んでいる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら