オランダNXP Semiconductors社のStandard Products事業部門は、産業用エレクトロニクスの国際展示会「electronica 2016」(2016年11月8日~11日にドイツ・ミュンヘンで開催)において報道機関向け説明会を開催した。同事業部門は中国の投資会社に売却されることが決まっている(日経テクノロジーオンライン関連記事)。

 売却されたあとに、同事業部門は、投資会社の傘下の企業になる。社名はNexperia社で、本社をオランダのナイメーヘンに置く。説明会に登壇した、同事業部門を率いるFrans Scheper氏(Executive Vice President and General Manager, Standard Products Business Unit)は、Nexperiaに関して「中国資本ではあるが、欧州の企業として存在・運営する」と述べた。同氏はNexperiaでも、引き続き、事業の実質的な責任者になるようだ。

新会社のロゴを紹介するFrans Scheper氏 日経エレクトロニクスが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 Nexperiaの事業内容は、NXPのStandard Products事業部門と同じで、ディスクリートやロジック、パワーMOS半導体などを扱う。1万1000名の従業員やマネジメント層、工場、特許/知財も、Nexperiaが引き継ぐ。Nexperiaの事業開始は、2017年2月6日の予定である。

 説明会ではNexperiaのNXPの資本持ち分についての質問があった。「NXPはNexperiaには出資しない。資本という意味ではNXPから完全に分離独立する。しかし、顧客にベストなソリューションを提供するために、NXPとNexperiaは強固な関係を持つパートナーとして協力していく」(Scheper氏)。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら