自動運転やADASの実現に欠かせない電子部品がセンサーである。その中のMEMSセンサーに関して、独Robert Bosch社が講演した。

 この講演は、 ドイツ・ミュンヘンで2016年11月7日に開催の講演会「electronica Automotive Conference 2016」で行われた。同講演会は、エレクトロニクスの国際展示会「electronica 2016」(ドイツ・ミュンヘンで2016年11月8日~11日に開催)の関連行事である。登壇したのはBoschのMarkus Sonnemann氏で、講演タイトルは「Sensors for automated driving – a MEMS perspective」だった。

Markus Sonnemann氏 日経エレクトロニクスが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 同氏によれば、現在のクルマには1台あたり50個以上のMEMSセンサーが搭載されている。その数は、今後、ADASや自動運転の実用化が進むにつれて、さらに増えるという。

50個以上のMEMSセンサーが現在のクルマに搭載されている Boschのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の講演で、自動運転向けのMEMSセンサーの最初の例として同氏が挙げたのが、車載用慣性センサーの「SMI7」である。6軸のセンサーで、使用温度範囲が-40~+125℃と広かったり、ASIL Dを取得したりと車載仕様を満たしている。

車載慣性センサーの「SMI7」の概要 Boschのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら