英Arm社のCEOのSimon Segars氏は、プライベートイベント「ARM TechCon 2017」(2017年10月24日~26日、米カリフォルニア州サンタクララ)の2日目の基調講演に登壇した。講演タイトルは「Humanizing Technology」で、主にセキュリティーについて語った。

Simon Segars氏。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 冒頭でSegars氏は、昨年の基調講演を振り返った。「昨年はソフトバンクの孫正義氏が登壇したこともあり、ソフトバンクや孫氏のビジョンへの関心が高かった」(同氏)と述べた後で、「孫氏が率いるソフトバンクグループの一員になったことの次を話したい」(同氏)。

 同氏が最初に紹介したのが、ArmのCPUコアを搭載したチップがこれまでの累計で1000億個になったこと、そして次の4年間でさらに1000億個が増えることである。これらのチップが搭載された機器から集まったデータは重要だとした。データを集めて解析し、それを社会に役立てる。すなわち、人の能力を向上させる。Armは1000以上のパートナーを手を組んで、多くの機器をつないで人に役立つIoTシステムを構築していくとした。

技術をテコにしてヒトの能力を高める。日経テクノロジーオンラインが撮影。背景はArmのイメージ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら