「プリンタヘッドに使ったCOBに載っているLEDチップは、ウエハーのどこから取ったものかが分かる」。沖デジタルイメージング(ODI)技術部第三チーム課長の新井保明氏は、イベント「FACTORY 2016 Fall」(2016年10月19~21日、東京ビッグサイト)で「つながる工場のOKIの事例紹介~国内―海外工場のIoT取り組み」と題して講演した。同社が2010年以来構築してきた、海外生産拠点をつないだトレーサビリティー確保のためのシステム「ODI Production controland Total Analysis System(OPTAS)」について紹介した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!