トレンドマイクロは、工場をIoT(Internet of Things)化した後でも安定な稼働を実現するセキュリティーシステムの引き合いが増えていることを「FACTORY 2016 Fall」(2016年10月19~21日、東京ビッグサイト)で明らかにした。具体的には、工場と外部(本社オフィスやインターネットなど)の間に設置し、工場の内外へのウイルス攻撃を防ぐウイルス侵入検知/防御システム「TippingPoint Threat Protection System」の引き合いがここにきて急増しているという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!