ABB(本社東京)は、産業用ロボットを遠隔監視するサービス「Connected Service」と、それに対応する双腕型の14軸(7軸×2)ロボット「YuMi」を「FACTORY 2016 Fall」(2016年10月19~21日、東京ビッグサイト)に出展した。ロボットに異常が発生しても、同社のサポートセンターからの指示によって、現場で速やかに障害を解決できるという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!