約730人の聴講者が集った「FACTORY 2016 Fall」のオープニングセッション
約730人の聴講者が集った「FACTORY 2016 Fall」のオープニングセッション
トヨタ自動車とセコムが講演した。
[画像のクリックで拡大表示]

 IoT(Internet of Things)は人の成長を加速し、人の力を増幅するものである――。2016年10月19日、デジタル技術によるものづくり革新をテーマにしたイベント「FACTORY 2016 Fall」(東京ビッグサイト)が開幕。約730人の聴講者が集ったオープニングセッションは「トヨタとセコムが描くデジタルビジネスの未来」と題し、トヨタ自動車およびセコムによる講演と、日経BP社の記者による公開取材が行われた。IoTなどデジタル技術を活用する目的として両社に共通するキーワードは“人”。トヨタ自動車は「人を育てる」、セコムは「人の力を増幅」を中心に据える。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!