アルチザネットワークスは、制御システム向け侵入検知装置「etherExtractor IDS-IN」を「FACTORY 2016 Fall」(2016年10月19~21日、東京ビッグサイト)で展示していた。制御システムに影響を及ぼすことなく、ネットワークの監視や侵入検知が可能だという。etherExtractor IDS-INは、通信事業者やデータセンターでの採用実績があるパケットキャプチャー「etherExtractor」をベースに、制御システム向けに開発したもの。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!