• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

デジタルヘルス、米国では「安心して投資できる対象」

Mitsui&Co. Global Investmentの清峰氏、米国動向を語る

2016/10/31 13:35
大下 淳一=日経デジタルヘルス
講演する清峰氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 「米国では、ベンチャーキャピタルのデジタルヘルス分野への投資額は、ここ6年間で6~7倍に伸びた。非常に盛り上がり、crowdedな(混みあった)状態だ」。米国シリコンバレーのベンチャーキャピタル、Mitsui&Co. Global Investmentの清峰正志氏(同社 ライフサイエンスチームリーダー・インベストメントディレクター)は、米国でのデジタルヘルス分野の投資熱をこう語る。この分野の投資はすでに「1サイクルした」(同氏)状況で、日本との差は大きい。

 「デジタルヘルスDAYS 2016」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)のオープンシアターに登壇した清峰氏は「シリコンバレーのベンチャーキャピタルが注目するデジタルヘルス」と題して講演。米国で、投資先としてデジタルヘルスが人気を集めている理由を語った。

 米国西海岸には「技術や人材、資金について30~40年をかけて作り上げたエコシステムがある」(清峰氏)。まず指摘したのはこの点だ。技術を持つ大学や研究機関、それを事業化しようとするベンチャー、そこに投資するベンチャーキャピタルや個人投資家。さまざまなプレーヤーから成るエコシステムがシリコンバレーにはある。

 資金の流れ一つを取っても、米国ではベンチャーキャピタルとシードファンド、個人投資家など、異なるプレーヤーの間で役割が分担されているという。事業会社が自らベンチャーキャピタルを持つCorporate Venture Capital(CVC)の数やCVCによる投資額も増加中だ。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング