フィリップス、怒涛の異業種連携をさらに加速(page 2)

企業や大学、医療機関、そして自治体…

2018/11/07 09:00
増田 克善=日経デジタルヘルス

「まだ発表できないが…」

 フィリップス・ジャパンは、ヘルステックにおけるオープンエコシステムの構築に向けて、さまざまな連携を推し進めている。例えば、2017年末には異業種などとの怒涛の連携を発表した(関連記事)。その後も、新たな協業は進んでおり、「まだ発表できないが、相当数の事業者に上っている」(堤氏)という。

 医療機関・大学との連携では、国立循環器病研究センター、名古屋大学、東北大学、昭和大学の4大学それぞれとの共同研究がある。国立循環病研究センターとは、「ヘルスケアAI」に関する共同研究を始めた。AI(人工知能)を活用して脳卒中や心筋梗塞などの循環器病の発症や重篤化のリスクを予測し、適切なタイミングで予防・治療するためのプラットフォーム構築を目指している(関連記事)

 名古屋大学とは、同大医学部附属病院が掲げる「スマートホスピタル」構想に関わる共同研究である(関連記事)。「“AIホスピタル”を目指した実証研究で、地域連携やe-ホームケアも視野に行政やさまざまな企業と組んで進めている」(堤氏)。

 東北大学との連携では、運動や睡眠、食事、口腔ケアなどにおいて行動変容を促し、生活パターンを向上させていくことを目指している。プロジェクトの特徴は、全学連携であること。「行動変容がキーであり、医学部だけでなく、理工学、環境科学、人間科学など全学連携でプロジェクトを推進していく」(堤氏)という。

 このプロジェクトの一環として、「PHILIPS Co-Creation Center」を設立する(関連記事)。同センターにより、医療機関や地元企業、自治体との協創を通じて、ICTなどを活用した健康・医療の新たな価値創造を目指す。「東北で創出したモデルが日本の縮図になる。日本の価値創造を世界に発信する拠点にしていく」(堤氏)とした。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング