お薦めトピック

フィリップス、怒涛の異業種連携をさらに加速

企業や大学、医療機関、そして自治体…

2018/11/07 09:00
増田 克善=日経デジタルヘルス

 「我々(のビジネス)は『ヘルステック』であって、『メディテック』ではない」――。

 「ヘルステックカンパニー」を標榜するフィリップス・ジャパンの代表取締役社長である堤浩幸氏は、「デジタルヘルスDAYS 2018」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)のカンファレンスの冒頭で、こう発した。

フィリップス・ジャパン 代表取締役社長の堤浩幸氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 同社が目指しているのは、一人ひとりに焦点を当てたヘルスケアサービスの提供により、個々人の生活の向上を実現すること。診断や治療といった医療領域にテクノロジーを融合することにとどまらず、健康な生活や予防、ホームケアなどヘルスケアプロセス全体で一連の価値連鎖を統合するためにテクノロジーを駆使する――。これが、「メディテック」ではなく「ヘルステック」という言葉を強調する理由である。

 こうした一連のヘルスケアプロセスと個人の健康状態のあらゆる段階をつなぐのが、「HealthSuiteデジタルプラットフォーム」と呼ぶ同社のクラウドモデルである。製品、ソフトウエア、サービスをつなげるエコシステムだ。「自社に閉じたクラウドでなく、さまざまな企業や組織のヘルスケア製品・サービスとつながるオープンエコシステムだ。一緒に価値を創造していけるプラットフォームの構築が、個々人に対するヘルスケアサービスを充実させ、新しい健康・医療ソリューションの創出につながる」と堤氏は強調する。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング