お薦めトピック

田中耕一氏の発明、日本の“漫画文化”が鍵だった

複雑なものを簡略化すれば、異分野融合の道が開ける

2018/11/01 09:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 「異業種連携や異分野融合がイノベーションの鍵」。質量分析技術を発明し、2002年度のノーベル化学賞を受賞した島津製作所の田中耕一氏(同社 田中耕一記念 質量分析研究所 所長でシニアフェロー)は、「デジタルヘルスDAYS 2018」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)のカンファレンスに登壇し、こう話した。田中氏は、質量分析の技術を活用してこれまでに100を超える社内外の機関と共同研究をした結果、冒頭の結論に至ったという。

島津製作所の田中耕一氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 2018年10月1日に、京都大学 高等研究院 特別教授の本庶佑氏のノーベル生理学・医学賞の受賞決定が発表された(関連記事12)。受賞後に本庶氏と会ったという田中氏は、本庶氏の「教科書に書かれていることを信じない」という言葉が印象に残っているという。「教科書に書いてある内容よりも踏み込んで自ら勉強するという非常に高尚な教え」と田中氏は噛みしめる。

 その上で、田中氏の発明を振り返り、「私たちの場合は、“教科書に書かれている知見さえ知らなかった”から質量分析技術を発明できたのかもしれない」と話した。これはもちろん、教科書を読まないことや勉強しないことを勧めているわけではない。田中氏も本庶氏も、基礎を学んだ上でそれを超えることが大切だと訴えている。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング