ポイントで社員の健康意識を向上、グッピーズ

簡単操作と豊富な機能で支持広げる

2018/10/22 18:00
河合 基伸=日経 xTECH

 グッピーズは、「デジタルヘルスDAYS 2018」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)で健康管理アプリ「グッピーヘルスケア」について紹介した。健康管理に関する16の機能を搭載しており、簡単な操作で継続して使い続けられる工夫を凝らしている。企業向けの福利厚生用のサービス「健康ポイント」も用意する。

健康管理アプリ「グッピーヘルスケア」で社員の健康意識を向上させる
クリックすると拡大した画像が開きます

 グッピーヘルスケアが備える健康管理機能は、歩数や睡眠、食事などの記録機能のほかに、メンタルチェックや健康相談、エクササイズ用動画などがある。「ユーザーが細かいデータを入力するのでは続かない」(同社の寺田沙也香氏)として、簡単に入力できるようにした。

 例えば、食事内容の入力は写真を撮影して保存するだけで済む。睡眠時間は目覚ましアラームを設定することで記録できる。歩数などのデータはスマートフォンやウエアラブル端末と連携して取得する、といった具合である。こうした簡単な操作と機能の豊富さが支持を得て、アプリのダウンロード数は22万に達したという。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング