テクノスルガ・ラボは、「デジタルヘルスDAYS 2018」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)において、2018年9月に提供を開始したばかりの腸内細菌検査「腸環チェック」について紹介した。腸内細菌叢を解析することで生活習慣を見直してもらうことを狙う。

腸内細菌検査「腸環チェック」のキット
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、かねて弘前COIに参画し、腸内細菌叢と生活習慣などの関係について研究を進めてきた(関連記事)。これまでの研究から、腸内細菌叢は年齢や食事、性差によって異なる傾向が見られることが明らかになっている。腸環チェックのサービスはこうした研究成果を基に開発したもの。

検査結果はWebサイトを通じて閲覧できる
[画像のクリックで拡大表示]

 専用キットを使って自宅で採取した便を郵送するだけで腸内細菌叢の解析をしてもらえる。検査結果はWebサイトを通じて閲覧することができる。同年代の平均的な結果と比較して腸内環境の健康度を表す「腸年齢」や、腸内細菌叢のタイプが分かるという。

 専用キットは北海道システム・サイエンスのWebサイトから購入できる。「幅広い層に使ってもらいたい」と同社 執行役員の岡田宰氏は話す。