お薦めトピック

柔軟性のある圧力分布センサー、タカノ

ベッドに設置して見守り用途に

2018/10/18 19:40
河合 基伸=日経 xTECH

 タカノは、「デジタルヘルスDAYS 2018」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)で柔軟性のある圧力分布センサーシステムを展示した。物と人の間に発生する圧力分布の測定に適しているという。ベッドに設置して高齢者の見守りに使ったり、ゴルフなどのスポーツのフォームを確認したり、イスなどの製品開発に利用するといった幅広い用途を想定する。

ディスプレーを内蔵した自社開発の圧力分布センサーシステム
クリックすると拡大した画像が開きます

 圧力を検知する感圧布を、2枚の電極布で挟み込む3層構造になっている。圧力が加わると各布間の接触面積が増えるとともに、感圧布の内部にある導電粒子の接触が増えて抵抗値が減少する。場所ごとの抵抗値の変化を圧力分布に換算して色分けして表示する。

 同社 技術開発室 主管の中原健司氏によると「イスの開発の際に圧力分布センサーを輸入したのが事業開始のきっかけだった」という。カナダ企業のセンサーを日本と中国で販売しており、新製品「BodiTrak2」は従来品で有線接続だったものを無線接続に変更して使い勝手を高めた。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング