お薦めトピック

自動調圧可能なエアマットレス、パラマウントベッド

センサーで寝た人の体重や体形を検知

2018/10/11 14:30
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 パラマウントベッドは、寝た人の体重や状態を検知し、床ずれ防止に効果的な硬さに自動で調節するエアマットレス「ここちあ利楽(りらく)」を2018年11月1日に発売する。「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」(2018年10月10~12日、東京ビッグサイト)で披露した。

エアマットレス「ここちあ利楽(りらく)」
クリックすると拡大した画像が開きます

 ここちあ利楽は、エアマットレスのポンプに設置したセンサーで寝た人の体重や体形、姿勢の変化などを検知することで、自動調圧を可能にした。従来のエアマットレスは自動で圧力を調整できないものがほとんどで、利用する前に体重などのデータを使って設定を行う必要があった。今回の製品は自動調圧が可能なため、専門知識を持たない人でも手軽に使用することができる。

 さらに、オプションのケーブルを使用すれば、電動ベッドから直接電源供給を受けられる機能を備えた。これによってマットレスの電源コードが不要になる。この仕組みは、「ICU(集中治療室)用マットレス以外では初めて」(パラマウントベッド)だという。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング