MUJINのCEO兼共同創業者の滝野一征氏
MUJINのCEO兼共同創業者の滝野一征氏

 「これまで産業用ロボットは参入障壁が高かったが、汎用的なコントローラーが普及することで、誰でもロボットメーカーになれる」――。MUJIN(本社東京)CEO兼共同創業者の滝野一征氏は「FACTORY 2017 Fall」で講演し、ロボットの用途や市場を拡大する取り組みについて語った。

 MUJINは、産業用ロボットを制御するコントローラーのメーカーである。ロボット本体は造っておらず、さまざまなロボットメーカー製のロボットとMUJINのコントローラーを組み合わせると、ロボットをより知能化できるという。

 もちろん、ロボットメーカー各社も自社のロボット向けのコントローラーを併せて販売している。MUJIN製コントローラーの特徴は、ロボットに動作を教え込む「ティーチング」が基本的に不要なところだ。一般に、ロボットはティーチングした動作しかできない。一方、MUJIN製コントローラーは目的の地点を入力すると、そこに到達するまでの動作を自動で計算する。つまり、動作そのものを自分で生み出せる。従って、3Dビジョンセンサーなどと組み合わせると、例えば乱雑に置かれたワークのピッキング(ばら積みピッキング)を実現できる。「MUJINが全ての技術分野でトップだと言うつもりはないが、ティーチングをなくす『動作計画技術』については世界一だと自負している」(滝野氏)。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら