安川電機執行役員 CTO 技術部長の善家充彦氏
安川電機執行役員 CTO 技術部長の善家充彦氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「これまではハードウエアが中心だったが、今後はソフトウエアも用意して、顧客に付加価値を提供していく」――。安川電機執行役員 CTO 技術部長の善家充彦氏は「FACTORY 2017 Fall」(2017年10月11~13日、東京ビッグサイト)で講演し、同社のFA事業の戦略を語った。ロボットやモーターといった既存のコンポーネント製品だけではなく、それらを統合的に制御するコントローラーやソフトウエアにまで事業領域を拡大するという。

 安川電機は2017年10月5日にFA事業の新しいソリューションコンセプト「i3-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)」を提唱したばかり。善家氏は、講演でその詳細を明らかにした。このコンセプトについては、2017年11月29日から開催される「2017国際ロボット展」と「システム コントロール フェア 2017」で披露される予定だったが、一足早く発表した形だ。

 i3-Mechatronicsの「i3」には、「integrated(統合的)」「intelligent(知能的)」「innovative(革新的)」という3つの意味が込められている。これまでは個別に稼働していたロボットやモーターを統合的に制御することで、より知能的な生産ラインを実現し、革新につなげるという流れを描いている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら