工作機械に使われる軸受やボールねじが故障する前に、予兆を検出する技術をシチズンマシナリー(本社長野県・御代田町)とNSKが「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17日~22日、東京ビッグサイト)に出展した。早めに軸受を交換することで、予期しないタイミングでの工作機械のダウンを防ぐことができ、ダウンタイムも最小化できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!