ファナックは「JIMTOF2016」(第28回日本国際工作機械見本市、2017年11月17~22日、東京ビッグサイト)で、主に曲面形状を対象とした加工面品質の向上についての解説を目的とした展示コーナーを設けた。その中で、CAMで加工データを作成する際に、通常は座標値をmmの小数点下3桁(1μm単位)で表現するところを、小数点下4桁(0.1μm単位)にするだけで鏡面仕上げの度合いが良くなるなど、加工品質が向上する場合があることを加工サンプルで示した(図)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!