松浦機械製作所(本社福井県福井市)は、自動車部品の試作向けに金属積層造形機能と切削機能を1台に集約したハイブリッド加工機「LUMEX Avance-60」を開発、「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17日~22日、東京ビッグサイト)に出展した(図1)。大物自動車部品の試作ができるように、金属積層造形できるワークの寸法を広げ、質量を増やした。ハイブリッド化したことで造形後すぐに後加工用の基準面などを切削加工できるため、試作に要するリードタイムを短縮できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!