東芝機械は、小物金型を高精度で加工できる縦型5軸制御マシニングセンター(MC)「UVM-700E(5AD)」を開発、「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17日~22日、東京ビッグサイト)に出展した(図1)。加工精度を高めることで、表面が滑らかな金型に仕上げることができる。そのため、後工程である磨き工程を省いたり、磨き作業を軽減したりできる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!