三菱重工工作機械(本社滋賀県栗東市)は、歯車を高速で加工できる「スーパースカイビング盤MSS300」を「JIMTOF2016」(第28回日本国際工作機械見本市、2017年11月17~22日、東京ビッグサイト)に出展した。同社が独自に開発した多刃回転工具「スーパースカイビングカッター」を用いる工作機械。ピニオンスカイビングに似ているが、加工時間を40%削減でき、工具寿命は5倍に延ばせる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!