北陽電機(本社大阪市)は、3D計測が可能な測域センサー「YVT-35LX」を2017年10月に発売する。測域センサーは、レーザーを照射した反射光によって検出物までの距離を測定するもの。新製品は、3Dの広範囲にレーザーを照射し、2Dでは難しかった幅や奥行き、高さを測る。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら