住友理工は伸縮可能な導電ゴム材料を使ったシート状の圧力センサー「スマートラバー(SR)センサ」を、「第45回東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日~11月5日)に出展した。同センサーを運転席の座面に設置することで、運転者の姿勢や心拍数、呼吸数などを計測でき、ドライバーモニタリングに応用できるという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら