小型のオフロード車を電気自動車(EV)にしたらどう進化するのか——。そんな想像を起点にスズキが開発したのが、小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)タイプのEVコンセプト「e-SURVIVOR」だ(図1)。「第45回東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日~11月5日)で車両を公開した。

図1(a)EVコンセプト「e-SURVIVOR」
[画像のクリックで拡大表示]
図1(b)コンセプト車然とした内装
[画像のクリックで拡大表示]

図1(c)2人乗りの小型SUVに仕上げた
[画像のクリックで拡大表示]
図1(d)フロントグリルはスズキが好んで使う六角形を意識したデザイン
[画像のクリックで拡大表示]

 同社社長の鈴木俊宏氏は2017年10月25日、東京モーターショーの会場で開いた記者発表会で「乗り物は常に、人をワクワクさせなければならない」と訴えた。軽自動車のSUV「ジムニー」はその好例だろう。

図2 床下にリチウムイオン電池を搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発表したe-SURVIVORは、ジムニーと同様にラダーフレームを使った車体構造を採用した。リチウムイオン電池はラダーフレームの内側に、床下に敷き詰めるように配置している(図2)。1回の充電で走行できる距離は未公表。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら