トヨタ自動車は燃料電池車(FCV)のコンセプト車を「第45回 東京モーターショー 2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日〜11月5日)で公開した(図1、2)。名称は「Fine-Comfort Ride」。前後左右の車輪にインホイールモーター(IWM)を搭載。水素タンクの大容量化やFCスタックの電気変換効率を高めて1000kmの航続可能距離を実現する。

図1 トヨタ自動車が公開した燃料電池車(FCV)のコンセプト車「Fine-Comfort Ride」
[画像のクリックで拡大表示]

図2 斜め後ろから
[画像のクリックで拡大表示]

図3 IWMを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタは2014年にFCV「ミライ」を発売(関連記事:トヨタFCV発進、10年後にはHEV並みに低コスト化) 。今回のコンセプト車は、ミライで蓄積したFC技術を改良した。1充填あたりの航続可能距離(JC08モード燃費)を、ミライの650kmに比べて約1.5倍に延ばす。日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の約400kmに対しては、2倍以上の距離を走れるようにする。

 1000kmという航続可能距離は(1)IWMの採用による水素タンクの搭載空間拡大、(2)FCスタックの電気変換効率の向上、(3)空気抵抗や転がり抵抗など走行抵抗の低減——で実現する。

 IWMを前後左右の車輪に搭載することで、従来必要としていた大型の駆動用モーターが不要になる(図3)。車両の空間を広く使えるようになり、水素タンクを大型にできる。水素タンクは縦長の円筒形を採用し、車両中央の床下部分に全長方向で組み込んだ。

 トヨタでFCV開発を担当する技術者は「IWM搭載の課題は、車輪の質量増加とモーターの制御だ」と明かす。モーターの質量は1個あたり20k〜25kg。車輪周辺の質量配分は従来車から大きく変わる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら