オムロン ヘルスケアは2015年10月5日、筋肉や内臓といった皮下深部の体温を測定できる小型で低消費電力な温度センサーを開発したと発表した。2015年10月7~10日に千葉市の幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2015」に出展している。乳幼児や高齢者の体温変化や屋外作業者、スポーツ選手の体調管理などの用途を想定しており、2017年の商品化を目指して開発を進めている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!