弘前COIに参画する東北化学薬品は、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)に出展し、GWAS(Genome Wide Association Study)解析について紹介した。

ブースに展示されていたポスター
[画像のクリックで拡大表示]
 GWAS解析とは、DNAサンプルの中から個人の遺伝情報の違いであるSNP(一塩基多型)の頻度と疾病との関連を統計的に調べる方法のことである。同社は弘前COIの「岩木健康増進プロジェクト」の一環として、岩木地区の住民に対してGWAS解析を実施してきた。主に、認知症や生活習慣病の予防につながるSNPの探索を行っている。

 現在は、GWAS解析を簡易的に行うためのシステム開発も進めている。研究を目的に広く使用してもらうことを目指し、基本的な機能は無料で提供することを視野に入れているという。