「なぜ医学部がベンチャー創出を推進するのか」。こうしたテーマの公開インタビューが、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)3日目のオープンシアター主催者企画として開催された。登壇したのは、慶応義塾大学 医学部 精神・神経科学教室 領域横断イノベーション精神医学研究室の田澤雄基氏である。聞き手は日経デジタルヘルス編集長の小谷卓也が務めた。

 医学部発ベンチャーを100社創出する――。そんな目標を掲げて2016年度に立ち上がったのが、慶応義塾大学医学部の「健康医療ベンチャー大賞」だ。2017年度も開催されることが決定し、現在、参加者を募集中である(関連記事)。この企画の実行委員長を務めるのが、田澤氏というわけだ。

慶応義塾大学医学部 精神・神経科学教室 領域横断イノベーション精神医学研究室の田澤雄基氏
[画像のクリックで拡大表示]