大手移動通信向けインフラベンダーのフィンランドNokia社がドローンの管制システム「UAV Traffic Management(UTM)」の事業化に今、力を入れている。UTMとは、飛行禁止区域での未許可機の飛行を禁止したり、飛行体の衝突の危険性を動的に管理したりするというもの。同社が考えるTUMでは、例えば、空港や政府関連施設、軍事施設の周辺の飛行を制限するほか、災害現場に救助の妨げになる個人や民間企業の機体が近づけないようにしたり、あるいは自律型の飛行体に管制システムが衝突の起きない安全な経路を提示したりすることを目指している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら