NECは監視カメラの映像から抜き出した顔画像を高速で照合するシステムを開発、「CEATEC Japan 2016」でビデオで紹介した。100万枚の画像を相互に照合し、同じ人物の顔画像をまとめる作業を、普通のパソコンを使って0.6秒で実行できるという。従来の方法では44秒かかっていた。特定の場所を監視する複数の監視カメラから抽出した画像から不審な人物を割り出すといった業務への応用を想定する。2016年度中の製品化を目指す。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら