「実写のようだ」とインターネット上で話題になっているCG美少女「Saya」。「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4日~7日、幕張メッセ)では、さらにリアルさを増したSayaの姿を見ることができる。動画を含むSayaの最新映像を、シャープが85型の8K液晶ディスプレーに表示させている。

髪の毛の1本1本がハッキリと分かるほど
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のデモンストレーションに使用しているアニメーション映像のタイトルは「Saya:THE STORY OF A GIRL」。3D CGアーティストのTelyuka、ロゴスコープ、シャープの3者の共同研究プロジェクトである。

屋外の明るい景色が白く飛ばず、逆光の人物も黒くつぶれず
[画像のクリックで拡大表示]

 8K解像度に対応したSayaの映像は、髪の毛の1本1本がハッキリと分かるほど鮮明だ。革靴は、使い込まれた風合いや汚れ具合がまるで本物のよう。制服やソックスは、布地の質感まで伝わってきた。

CG画像も改善が進み、肌の質感が向上している
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら