太陽誘電は、現在開催中の「CEATEC Japan 2016」(2016年10月4〜7日、幕張メッセ)で、圧電素子により脈波のゆらぎを検出して精神状態を判断する装置のデモを行っている。同社が開発する圧電圧力波センサーモジュール「AYA-P」では、約1.3Hzの脈拍に対して10倍といった高次高調波まで検出できるため、実現できたとする。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら