パナソニックが、パン、チルト、ロールの3軸の動きを1つのモーターで実現した「3Dアクチュエータ」を開発した。3Dアクチュエータを搭載したカメラスタビライザーを利用すると、カメラが大きく振動する状況下でも、ブレを補正してスムーズな動画を撮影できる(図1)。同社は2016年10月4日~7日に開催される「CEATEC JAPAN 2016」で、このカメラスタビライザーを用いたデモを実施している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら