フランスRenault社は小型電気自動車(EV)「ZOE」を改良し、1回の満充電で400km走行できるようにした。「パリモーターショー2016」で改良した車両を初披露(図1〜3)。2016年内に発売始する予定である。

図1 改良した小型EV「ZOE」
[画像のクリックで拡大表示]

図2 ZOEのフロントビュー
[画像のクリックで拡大表示]
図3 ZOEの内装
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年に発売したZOEは容量22kWhのリチウムイン電池を搭載し、NEDC(New European Driving Cycle)モードで240km走行可能である。実際の道路環境では、170km走行できるとしていた。今回、搭載するリチウムイオン電池を変更し、走行距離を6割以上延ばした。改良車には容量41kWhの電池を積む。

 同社Chairman and CEO(最高経営責任者)のCarlos Ghosn氏は、「実際の道路環境で日常的に使っても(1回の満充電で)300km走れる。リチウムイオン電池は韓国LG Chem社製で、彼らとの緊密な連携による研究開発によって実現できた」と言う(図4)。

図4 Renault社Chairman and CEO(最高経営責任者)のCarlos Ghosn氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら