ドイツDaimler社は、2025年までに10車種の電気自動車(EV)を市場に投入する計画を発表した。EV向けの新ブランド「EQ」を立ち上げる方針だ。「パリモーターショー2016」の会場で2016年9月29日(現地時間)に開いた記者発表会で明かした(図1)。

図1 EVの投入計画を明かすDaimler社Chairman of the Board of ManagementのDieter Zetsche氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「我々のゴールは、2025年までに当社の世界販売台数のうち15〜25%をEVが占めるようにすることだ」。同社Chairman of the Board of Managementを務めるDieter Zetsche氏の口ぶりは、はっきりとしたものだった。

 EQブランドの最初の量産EVとして、SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)タイプの車両を「3年以内に発売する」(同氏)計画だ。2019年までの登場が見込まれるこの車両の価格は、同社の5人乗りSUV「GLC」と同等にする考え。GLCの価格は、ドイツでは約4万〜5万ユーロ(1ユーロ=113円換算で約452万〜565万円)である。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら