ホンダは新しく開発する電気自動車(EV)について、Bセグメントの小型車を中心にする方針だ。同社が2017年6月5~7日に開催した技術試乗会「Honda Meeting 2017」で、本田技術研究所社長の松本宜之氏が明かした(図1)。

図1 本田技術研究所社長の松本宜之氏
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は既にEVの「クラリティElectric」を開発し、米国のカリフォルニア州とオレゴン州で2017年内にリース販売を開始する予定である。ただし、同車の主な目的は米国のZEV(Zero Emission Vehicle)規制への対応であり、燃料電池車(FCV)「同フューエルセル」やプラグインハイブリッド車(PHEV)「同Plug-In Hybrid」と同じプラットフォームを使用したDセグメントの中型車になる。

 これに対して新たに開発するEVは、クラリティElectricとは異なるEV専用のプラットフォームを使い、世界各国向けの地域専用車として開発する。世界的に競争が激しく、将来、市場規模が大きくなると期待されるBセグメント車の分野を中心にして競合他社に挑む。EV開発を強化するため2016年秋に、本田技術研究所内に「EV開発室」を設置した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら