カシオ計算機は、紙の表面に微妙な凹凸を作ってインクジェット印刷した文字や図形を浮かび上がらせられる技術「2.5Dプリントテクノロジー」を開発。同技術を使ったプリンターの試作機を「第27回 設計・製造ソリューション展」(2016年6月22~24日、東京ビッグサイト)に出展した。特殊な用紙に熱を加えることで任意の箇所の厚みを最大2mm程度膨らませる。視覚障害者向けの教材の他、商品パッケージなどへの利用を想定している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!