JDIの透明ディスプレーのデモ(1)
[画像のクリックで拡大表示]
JDIの透明ディスプレーのデモ(2)
4枚を縦横に並べている。
[画像のクリックで拡大表示]

 ジャパンディスプレイ(JDI)は2017年1月に発表した透明ディスプレーの技術の詳細を、学会「Society for Information Display(SID)」(2017年5月21~26日、米国ロサンゼルス)で発表した(論文番号79.4)。透明ディスプレーは、表示オフ時は透明なパネルで、オンにするとパネル上に画像が表示されるもの。JDIが開発した透明ディスプレーは、光透過率が80%と「従来の1.5倍以上」(同社)と高いのが特徴である。これにより、パネル越しの背景をクリアに見ることができる(関連記事)。

 透明ディスプレーには、主に有機ELと液晶の2種類がある。バックライトが不要な有機ELは透明パネルの実現に向くが、画素の開口率が低いことから、光透過率は「45%にとどまっていた」(JDI)という。

 一方、液晶にはさらに多くの課題があった。画素の開口率は有機ELよりも高いが、有機ELでは不要な光透過の妨げになる偏光板やカラーフィルターが必要なため、現在量産されている液晶パネルの構造では、光透過率はわずか10%以下である。カラーフィルターを不要にするカラーフィールドシーケンシャル(CFS)方式が提案されているが、それでも光透過率は30%にとどまる。

 しかも、従来型の液晶の場合はシステム全体を箱形にして、前面にパネルを設置し、後方の天井や側面部分などに光源を設ける必要があった。このため、全体を板のように薄くすることができなかった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら