エルピクセル、“AI診断”の追い風に乗り協業拡大

画像診断装置やPACSのメーカーとの提携相次ぐ

2018/04/25 06:00
大下 淳一=日経デジタルヘルス
医療画像診断支援技術を紹介
クリックすると拡大した画像が開きます
キヤノンメディカルも出展ブースでエルピクセルの技術を紹介
クリックすると拡大した画像が開きます

 「2018 国際医用画像総合展(ITEM 2018)」(2018年4月13~15日)の会場で目立ったのが、医療画像診断への人工知能(AI)の活用に関する展示だ(関連記事1)。画像診断装置やPACS(医用画像情報システム)のベンダーが、AI関連技術を競ってアピールした。

 こうした中、画像診断装置やPACSのメーカーに混ざってブースを構えたのが、デジタルヘルスベンチャーのエルピクセルだ。AIを活用した医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」への取り組みを紹介した(関連記事2)。

 同社はITEM開催に合わせる形で、富士フイルムとの提携を発表(関連記事3)。富士フイルムはエルピクセルの診断支援技術を、PACSに搭載することを目指す。キヤノンメディカルシステムズもITEMの出展ブースでエルピクセルとの協業について紹介し、頭部MRI画像に基づく脳動脈瘤検出に関するエルピクセルの技術を展示した。

 エルピクセル代表取締役の島原佑基氏は4月12日に同社が開催した都内イベントで、産業界との連携が拡大しており、米NVIDIA社やNOBORI、PSP、横河医療ソリューションズ、エムネスといった企業とも協業を進めていることを明らかにしている。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング