クラウドストレージ採用を断念した理由、愛媛大学病院(page 4)

オブジェクトストレージで医療情報システムを構築

2016/03/26 17:42
神近 博三=日経デジタルヘルス

安全な外部保存のため秘密分散に注目

 今回は採用を見送ったクラウドストレージだが、「災害リスクの高い地域であれば、対価が妥当な範囲に収まるのであれば検討対象になる」(木村氏)。さらに、利用料金のさらなる低下、サービス撤退時にスムーズに乗り換えられるように「国内法の適用が及ぶ3社以上の事業者が、安定した経営状態で競争的にサービスを提供している状態」が実現すれば、現実的な選択肢となってくる。

 このため、木村氏は暗号化したデータを断片化して保存する「秘密分散」に注目している。秘密分散では情報が漏洩しても1つの断片から情報を復元できないため、通常の暗号技術よりも高いセキュリティーを確保できる。現時点では秘密分散の必要性に言及した公的なガイドラインは存在しないが、診療記録などの要配慮個人情報を外部保存するスキームとして認識が広まりつつあるという。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング