韓国Hyundai Motor社は、早ければ2019年にも電気自動車(EV)をインド市場に投入する。最初のEVはセダンかSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)になる見込み。

図1 Hyundai Motor India, Managing Director and CEOのY K Koo氏
[画像のクリックで拡大表示]

 インド最大のモーターショー「デリーモーターショー2018」(Auto Expo2018)で、Hyundai社のインド子会社でManaging Director and CEO(最高経営責任者)を務めるY K Koo氏が計画を発表した(図1)。

 EV1車種を含め、Hyundaiは2020年までに9車種を新たにインド市場で発売する。Koo氏は「新型車を多く用意するのはインド市場へのコミットメントの証だ。プレミアムブランドを目指す」と意気込む。

 同社はインドの乗用車市場では、スズキの現地子会社であるMaruti Suzuki社に続いて2位のシェアを持つ。大衆車を中心に展開するMaruti社との差異化を進め、現在の約17%のシェアを伸ばす考えだ。車両開発や生産規模の拡大に向けて、インドで2020年までに63億ルピー(1ルピー=1.7円換算で約107億円)を投資する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら