「マルチだけでここまで仕上げられるのか…」。ある日系メーカーの開発担当者が、1台のコンセプト車の前で釘付けになった。インド最大のモーターショー「デリーモーターショー2018」(Auto Expo2018)の、関係者向けに公開が始まった2018年2月7日の出来事だった。

 驚きを持って迎えられた車両が、スズキの現地子会社であるインドMaruti Suzuki India社が開発した小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)のコンセプト車「Concept Future S」である(図1)。

図1(a)Maruti Suzuki社が開発した小型SUVのコンセプト車「Concept Future S」
[画像のクリックで拡大表示]
図1(b)後ろから
[画像のクリックで拡大表示]
図1(c)横から
[画像のクリックで拡大表示]

 Maruti Suzuki社社長の鮎川堅一氏はConcept Future Sについて、「次世代の小型車のデザインを定義できた」と自信をのぞかせる(図2)。インド市場で販売される車両の「75%が小型車」(同氏)で、最大手のMaruti Suzuki社が得意とするところでもある。ただし、低価格帯の車両が中心で、上級車領域への展開を見据えてデザイン性を高めた今回のコンセプト車を用意した。

図2 Maruti Suzuki社社長の鮎川堅一氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら