開発品の主な仕様(図:ISSCC)
開発品の主な仕様(図:ISSCC)
[画像のクリックで拡大表示]
デモの様子
デモの様子
[画像のクリックで拡大表示]
デモの概要
デモの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンはダイナミックレンジが111dBと広い、グローバルシャッター(GS)方式対応のCMOSイメージセンサーを開発し、「ISSCC 2017」で発表した(講演番号:4.5)。2/3型で、画素数は2592×2054。画素ピッチは3.4μmである。消費電力は450mW。講演後のデモセッションでは、開発品を使って、羽根が回転している扇風機を撮影するデモを見せた。

 一般的なCMOSセンサーは画素行ごとに順次露光する「ローリングシャッター方式」で、画素ごとの信号読み出しで時間差が生じるため、高速で動く被写体が歪んで写る場合がある。これに対してグローバルシャッター方式では、全画素を同時に露光するため、高速で動く被写体の撮影に向く。ただし、グローバルシャッター方式には、ダイナミックレンジが狭いという課題がある。そこで、大きく2つの工夫を盛り込んだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら