東芝は、IEEE802.11axといった次世代高速無線LANに向けた12ビットのパイプライン・逐次比較型A-D変換器を開発した。「ISSCC 2017」ではその概要と実現手段などについて講演する。IEEE802.11axで求められる分解能と変換速度を実現しつつ、「電力効率(FOM)」(1変換当たりの消費エネルギー)を高めた点を特徴にする。電力効率とは、消費電力/(2有効分解能×変換速度)で求める値で、低いほど効率が良い。今回の場合、有効分解能9.9ビット、変換速度160Mサンプル/秒で、電力効率12.8fJ/変換を達成した。同種のA-D変換器(デジタル校正を用いない高速無線LAN用A-D変換器)の従来成果に比べて、「約1/3で、業界最高の電力効率」(同社)と胸を張る。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら