「ISSCC 2017」のデータコンバーター分野のセッションは、開始直後から常に立ち見が出る盛況ぶりで、この分野への変わらない関心の高さを窺わせた。今年は全体で14件の論文が採択され、2つのセッションが構成された。セッション16では1Gサンプル/秒以上の変換速度を持つ高速データコンバーター技術の発表があり、セッション28では、昨年から提案が多くなっている複数のアーキテクチャーの長所を組み合わせたハイブリッド型のA-D変換器についてMHzからGHz帯域を実現する最新の研究成果が報告された。

 高速データコンバーターにおいては種々のキャリブレーション技術を駆使し高速・高精度を達成する成果とともに、連続時間型パイプラインなどの新規アーキテクチャーも提案され多くの聴衆の注目を集めた。また、ハイブリッド型アーキテクチャーにおいても、A-D変換器のさらなる電力効率の向上に向けた、PVT(プロセス、電源電圧、温度)ばらつき耐性の高いダイナミックアンプやデジタルアンプ、ビット判定ごとに異なるコンパレーターを用いるパイプライン-SAR型A-D変換器や、ダブル・ノイズ・シェーピング技術など、多くの新規技術が提案された。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら