ISSCCのアナログ分野のセッションとして「Session 5:Analog Techniques」があった。製品コンセプトと直結した、車載エレクトロニクスやセンサーノードのアナログ回路技術が紹介された。

 オランダNXP Semiconductors社とオランダTeledyne DALSA社は、車載機器向けオーディオアンプを発表した(講演番号5.1)。オーディオ帯域の全高調波歪は0.004%(1W出力時)と従来比1/10で、世界最高性能を達成した。D級アンプを基本構成とし、その外付けLCフィルター出力をA-D変換して、デジタル領域のフィードバックループを形成している。外付けフィルターの回路構成を簡素化し、また特性ばらつきを吸収できるため、モジュールのコストを低減できる。

 このようなD級アンプの構成法は従来より提案されているが、高速・広ダイナミックレンジのA-D変換器が必要で、そのコストが課題だった。今回、低遅延を特徴とするΔΣ型A-D変換器を新規開発し、0.14μm・25V BCDプロセスにより5チャネル×80W構成のオーディオアンプを1チップに集積することで解決した。講演後のデモブース(DS1)では、両社の技術者によりこのチップを搭載した試作モジュールとPC上のソフトウエアによるオーディオシステムが実演され、完成度の高さをアピールしていた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら